スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低レベルのジレンマ 第020回


ドロンジョであります!


レンジャーを弓装備でレベルを上げ出してから、3週間近くたちました。


いまだにエンゼルスライム帽を脱げずにいるレベル38です。


2日もあれば、40くらい越えるでしょと思われるかもしれませんが、どうにのこうにもやる気が出ずにいまして、ダラダラと1玉1レベルとかでやってきましたが、さすがにタコメットにも飽きてきてバザックスをやろうかなと思い至りました。



キリッ!


最高レベルが魔法使い60なので、サポはレベル60止まりです。


バザックスでレベル60はキツイ。


フルパッシブの60であればいけるかもですが、今酒場で借りられるサポはパッシブが足りていないのがほとんどです。


私もパッシブが足りていないので、人のことは言えません。ごめんなさい。


なるだけ、良質なサポを選びます。


バザックスをする時は、回復は旅芸人をチョイスするのが定番の私ですが、レベルが低いこともあって、僧侶を選択。


残りは、魔法使いが二人分。攻撃魔力が400を越えるサポを探すのですが、なかなか見当たりません。両手杖が100であれば400に近づくはず。うん、いません。


なるだけ攻撃力が高い二人を雇って、いざレベル上げを開始。


元気玉と料理を食べて、レンジャー38がバザックスに挑みます。







こ、これは・・・!?







僧侶が天使を使うまでに、ベホマラーを使わざるをえないほどのダメージがPTを襲います。


開幕におたけびで、時間を稼ぎ、ダメージを受ければベホイミを、あ、いや、回復間に合っていな・・・、あ、僧侶逝った、ザオラルをかけて、・・・生き返らないだと!?回復魔力が低すぎてザオラルがミスになりま・・・あぎゃー、自分以外死んだ、→ダッシュで脱出。


こんなことを繰り返して、経験値が入ってきません。タコメットと変わらないじゃないの。


そして、なんとなく気づいていたのですが、単にプレイヤースキルがショボいだけかもしれません・・・。


バザックスから撤収しました!!





現時点で分かったことは、


・レベルを上げようにも最大レベルが低いので良質なサポを雇えない。

・レンジャー38でバザックスは荷が重い。

・プレイヤースキルが微妙だ。


上記の3点をクリアにできれば、バザックスでレベル上げができるのです。


レンジャー38を上げたいけど、レベルが低いからレベル上げができないなんてそんなバカな話はありませんので、他の項目を補強することにしました。


つまり、最大レベルの魔法使い60を先に上げきっちゃおう!となりました。つまりはカンストです。


パッシブが足りていないので、酒場経験値は借りてもらえない以上期待できません。


自力で上げるしかないと、重い腰を上げるに至りました。


ちなみに、プレイヤースキルを上げるとかは考えないようにしました。ごり押しです。


直後にメイちんにバザックスに誘われて行ったのですが、レベル差があってあまり良い数値をもらえず。ソロマリンをした方が経験値が入ると分かりました。


魔法使いを70まで上げれば、バザックスだってまともに勝てるようになるはず。


他の職業のパッシブ(主にパラディン)はすぐには取れないだろうから、紙装甲のままでしょうが、なんとかなるでしょう。


サポに期待するとします。


今しばらくは、地味にレベルを上げて行きます。


あー、キャップも解放しなきゃ。


先は長いです。


特に落ちもなくこれにて終了です。
スポンサーサイト

いもむしまくら 第017回

はーい、みなさんごきげんよう!





ドロンジョです!


バレンタインデーではチョコ貰えたかな?


私は誰にも配っていませんよー。


メインでは逆にいただきました。


チムメンから100倍返しをねだられまています・・・。


ねえ、落ち着こう?


おたからの種100個とか何その夢物語!?



恐ろしい!





最近就寝時刻が、25:30~26:00とかで朝は6:00起きだったりします。


寝不足気味なんですよねー。


私には4時間の睡眠は短いです。6時間寝られれば次に日は安定するのですが、4時間睡眠が続くと、仕事に支障がでてきます。


仕事中に夢を見るという神の奇跡が起こります。


チームリーダーが怒って物を投擲してくるのを、寸前で回避せねばならないのです。


やー、まじで恐ろしい!


そこで、布団に潜った瞬間に寝られる工夫をするべきです。


横になっても寝られないでは、睡眠時間が4時間以下になってしまうでしょ。


工夫をするといっても、睡眠薬とかお酒を飲むわけではありません。


取り出したるのは、


てえーはんぱつぅまーくーらぁー(低反発枕)ですよ。


頭が沈まないでいて、適度の固さの安定感!


仰向け専用だと思われます。


顔を埋めて寝てしまうと、酸素不足に陥りそうです。危険です。


でも、そろそろ私の枕は寿命なのです。


買い換えの時期が近づいてきました。


何年使ったかな。5年以上?


で、ある日噂を聞いたのです。









とあるモンスターが枕にピッタリであると。









何かな?


どんなモンスターかなー?


向かったその先に見えて来たのは、





イモムシ。


背中の丸い山が枕に適していると物語っています。


イモムシ「ナンヤワレー。チカヨッテクンナヤー。イトハクデヨー。クッサイノハクデヨー。ネットネトヤデー。イモー、イモー、キモー!」


あまり友好的とは言えないようです。


しかも、仲間を呼んで呼んで、


イモムシ「ワレニゲイゲキノカクゴアリ。」





こちらを、迎えうつようです。


こちらも、良い枕を手に入れなければならないのです!


引くわけにはいきません。


例え、Eまで呼ばれようとも勝つのは私だ!!


ワラワラと群がる枕どもよ、くらいなさい!


おたけび!!


ドーーーーン!


視界に広がるにはイモムシの枕。





しめた!裏返しだと逃げられないはず!!


私はそこにダイブして寝転びました。


細い脚につつまれて、私は眠りに落ちていきました・・・







が、起き上がったイモムシに頭をかじられ、私は現実に戻されました。







えー、何がしたかったというと、一喝とかおたけびでひっくり返ったイモムシが面白かったのです。


それだけです。


最後に、嫌だー、どうしてー、アホー等とブチブチ言いながらも撮影の手伝いをしてくださいましたMさんには感謝を。


終わり!




豚もおだてりゃ、木に登る。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
プロフィール

ドロンジョ。

Author:ドロンジョ。
ドロとお呼びください。

好きな物:
May'n
ドルセリン

住所:
オルフェアマッシュルーム地区8041-5

フレンド大歓迎!


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。